安全性は大丈夫?グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用

 

漢方薬である甘草に含まれる成分のグリチルリチン酸ジカリウムはその効果の高さから化粧品以外にも多く使われている成分なのですが、ネットではグリチルリチン酸ジカリウムには副作用があるという意見もあがっています。

 

化粧品の中でもニキビに効果があると、ニキビ用の化粧品には多く配合されているグリチルリチン酸ジカリウムですが、本当に使い続けても大丈夫なのでしょうか?

 

グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用についてまとめてみました。

 

 

<グリチルリチン酸ジカリウムの効果>
グリチルリチン酸ジカリウムには強い抗炎症作用があるので、赤く炎症してしまった赤ニキビを落ち着かせる作用があります。

 

また、アレルギーの反応を抑える作用もあるので、ニキビに効果がある化粧品は刺激が強くて、敏感肌の方は使うことができないものもあるのですが、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることで、刺激を抑えることができます。

 

しかし、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用やアレルギー反応を抑えることはできても、ニキビの予防効果や初期の白ニキビには効果はほとんどありません。

 

そのため、グリチルリチン酸ジカリウムだけで、ニキビを治すのではなく、他のニキビに有効な成分も一緒に配合することで、刺激から肌を守りながら、炎症を抑え、ニキビを治す手助けをしてくれる成分といえます。

 

 

<グリチルリチン酸ジカリウムの副作用>
グリチルリチン酸ジカリウムを使うと副作用が起こる可能性があると言われておりますが、きちんと適量を守って使っていれば、副作用が起こることはほとんどありません。

 

それではなぜグリチルリチン酸ジカリウムには副作用の恐れがあると言われるようになったのでしょうか?

 

実はグリチルリチン酸ジカリウムは構造上、ステロイドと似ております。

 

ステロイドは皮膚炎やかぶれを治す薬の1つで、効果は高いがその分副作用が出やすいことから、何となく悪いイメージがついてしまっていますよね。

 

確かにステロイドは使い方を間違えると、様々な病気などを起こす可能性があるので、ステロイドを使用する場合は使用上の注意を守って使う必要があります。

 

ですが、グリチルリチン酸ジカリウムの場合、ステロイドと構造上似ているといっても、化粧品の場合は配合量が少ないので、グリチルリチン酸ジカリウムが原因で副作用を起こすことはまずありません。

 

何かしらに異常を起こすほどのグリチルリチン酸ジカリウムを使用するのには相当な量の化粧品を使わないといけないほどなので、グリチルリチン酸ジカリウムを使った化粧品を使おうか悩んでいる方は安心して使っていただいて大丈夫です。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムはニキビの炎症を抑え、アレルギー反応を抑制することができるニキビを治すには欠かせない成分です。

 

天然由来の植物から抽出されたエキスなので、お肌にも安心して使うことが出来ます。

 

使っていても副作用の心配はないので、安心してグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている化粧品を使って、ニキビを改善させましょう。

 

ただし、免疫疾患の方もおりますので、もし明らかに肌にトラブルが起きたり、体調不良を起こす場合は医師に一度相談してみてくださいね。

 

ほとんどの方には安心して使える成分なので、ニキビで悩んでいる方はグリチルリチン酸ジカリウムが配合されている化粧品を選んで、ニキビのないすべすべ肌を目指しましょう。

 

>>エクラシャルムは楽天で買うと損!?【最安値】で購入する方法